このページの本文へ移動する

令和3年度 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

登録:2022年7月19日

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、令和3年度住民税非課税世帯に対して1世帯当たり10万円の給付金を支給します。

対象となる世帯と受給方法

対象となる世帯と受給方法については、以下の通りです。

<対象世帯1>住民税非課税世帯

令和3年12月10日(基準日)時点で野沢温泉村に住民登録がある且つ、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯(生活保護受給者も含む)

注:住民税が課税されている者の扶養親族のみからなる世帯は対象外です。

受給方法

対象となる世帯には、当村から「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書」をお送りします。

必要事項を記載し、同封の返信用封筒にてご返送ください。

注:添付書類が必要な場合はそちらも同封してお送りください。

注:返信がない場合、本給付金の受給はできません。

<対象世帯2>家計急変世帯

住民税非課税世帯以外の世帯であり、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月から令和4年9月までの間で家計が急変し、同一の世帯全員のそれぞれの1年間の収入見込み額が、住民税非課税水準に相当する額以下となる世帯

受給方法

「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)」、又「簡易な収入(所得)見込額の申立書【家計急変者】」に必要事項(収入が確認できる書類等)を添付して申請してください。

注:各書類については当ページ下の関連ファイルよりご確認ください。

受給権者(申請者)

本給付金の受給権者は、支給対象世帯の世帯主(対象世帯1、2参照)

給付額

1世帯当たり10万円(住民税非課税世帯・家計急変世帯問わず、受給は1世帯につき1回限り)

注意事項

次の項目に該当した場合、給付金を返還していただきます。

  1. 給付金の支給後、確認書または申請書(請求書)の記載事項に虚偽が判明した場合
  2. 給付金の支給後、支給要件に該当しないことが判明した場合
  3. 住民税均等割非課税を理由に給付金が支給された後に、修正申告により令和3年度住民税が課税されるようになった場合

注:虚偽により給付を申請することは不正行為に該当します。
不正受給をした者は詐欺罪に問われ、懲役10年以下の刑に処されることがあります。

注:給付金を装った特殊詐欺や個人情報の搾取にご注意ください。
自治体が現金自動預払機(ATM)の操作をお願いしたり手数料の振込を求めたりすることは絶対にありません。

このページを見ている人はこんなページも見ています

    このページに関するお問い合わせ先

    総務課 企画財政係

    電話番号:0269-85-3111 FAX番号:0269-85-3913

    ページトップへ ページのトップへ