後期高齢者医療制度

資格の取得について
(1) 対象となる方

75歳以上の方 (原則として必ず加入します)
65歳以上75歳未満で一定の障害がある方(本人の申請により加入します)
(2) 資格の取得(被保険者となるとき)

75歳になったとき(75歳の誕生日当日から)
75歳以上の方で、長野県外から野沢温泉村へ転入したとき
65歳以上75歳未満の方で、本人による障害認定申請により、広域連合から一定の障害があると認定されたとき
適用除外要件に該当しなくなったとき(生活保護の廃止等)
注1)平成20年3月末日まで老人保健制度の対象になっていた方は、平成20年4月1日から、後期高齢者医療制度へ資格が引継がれました。
注2)後期高齢者医療制度加入すると、それ以前に加入していた国民健康保険や被用者保険の被保険者ではなくなります。これにより、以前の保険に被扶養者として一諸に入っていた家族の方なども、その保険を脱退することとなりますので、独自に国民健康保険等に加入するなどの手続きが必要になります。
(3) 被保険者証(保険証)
 被保険者となる方には、長野県後期高齢者医療広域連合から、新しい被保険者証が1人に1枚交付されます。75歳の誕生日の約1週間前に住所地に長野県後期高齢者医療広域連合の封筒で郵送されます。障害認定の申請をされた方には広域連合による障害認定後に住所地に郵送されます。
住所、負担割合などが変更になった方は、新たな被保険者証が郵送されますので、変更前の被保険者証は民生課に返還してください。
(4) 自己負担割合(患者負担)
 医療機関を受診するときは、長野県後期高齢者医療広域連合が交付した被保険者証を提示し、かかった医療費のうち定められた自己負担分の金額を患者本人が保険医療機関の窓口に支払います。
 原則として自己負担額は1割となりますが、現役並み所得者(住民税の課税所得が145万円以上で収入額が一定以上の方)は3割負担となります。
資格の喪失について
 (1) 資格の喪失

長野県外へ転出したとき
死亡したとき
65歳以上75歳未満の方で広域連合の障害認定を受けて後期高齢者医療制度の被保険者となっていた方が、一定の障害の状態に該当しなくなったとき又は本人から障害認定に係る申請を取り下げる旨の申し出があったとき
適用除外要件に該当したとき(生活保護の開始等)
(2) 転出するとき
 長野県外へ転出する際には、長野県後期高齢者医療広域連合で交付する負担区分証明書(民生課で発行)を、転出先の市町村窓口へお持ちください。
 長野県後期高齢者医療広域連合の被保険者証(あるいは限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証)は、民生課へお返しください。
(3) 死亡したとき
 長野県後期高齢者医療広域連合の被保険者証(あるいは限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証)はお返しください。
 また、葬祭執行者には葬祭費が支給されますので、民生課へ申請してください。

 

お問い合わせ先
民生課 0269-85-3112
住民係



野沢温泉村役場
〒389-2592 長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷9817