野沢温泉村過疎地域自立促進計画

国計画策定の主旨
野沢温泉村は、スキー産業を中心とする観光産業を主産業とし、農業振興及びその他諸産業との融和を図りながら地域振興・活性化に向けた諸施策を展開してきました。
この結果、施設整備・生活基盤整備という面では一定の水準まで達してきました。しかし景気の低迷と、少子高齢化の波が、スキー産業の減退につながり、過疎化の進行に拍車をかけることとなりました。
10このことから温泉観光地「野沢温泉村」の再生を目指し、次の世代に誇りある故郷を引き継ぐため、野沢温泉村第5次長期振興総合計画・野沢温泉村地方創生総合戦略を基本方針とし、過疎地域自立促進特別措置法に基づき「野沢温泉村過疎地域自立促進計画」を策定しました。
本計画は「野沢温泉村第5次長期振興総合計画」で定める5つの基本目標の実現と野沢温泉村地方創生総合戦略を柱に、地域の自立促進のための施策を総合的かつ計画的にすすめることとしています。
計画の構成
本計画は、次の10の項目で構成されています。

基本的な事項 
産業の振興 
交通通信体系の整備、情報化および地域間交流の促進 
生活環境の整備
高齢者等の保健および福祉の向上および増進 
医療の確保
教育の振興
地域文化の振興等
集落の整備
その他地域の自立促進に関し必要な事項
計画の期間
本計画は平成28年度から平成32年度までの5年間の計画となっています。

お問い合わせ先
総務課 0269-85-3111
企画財政係



野沢温泉村役場
〒389-2592 長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷9817