1. ホーム >
  2. くらしの情報 >
  3. 税金 >
  4. 軽自動車税(環境性能割)について

軽自動車税(環境性能割)について

  令和元年10月1日から自動車(軽自動車)取得税が廃止され、自動車(軽自動車)税(環境性能割)が導入されました。税率は下表のとおりです。
  軽自動車税(環境性能割)は新たに市町村税とされましたが、当分の間は県が徴収を代行いたします。
  また、自動車(軽自動車)税(環境性能割)にも自動車(軽自動車)税(種別割)と同様に減免措置がありますので該当する方は、長野県総合県税事務所(電話:026-234-9505)へお問い合わせください。 

自動車(軽自動車)税(環境性能割)税率表

区          分  
  税率   
 自家用
営業用  
 登録者 軽自動車
電気自動車
燃料電池自動車
天然ガス自動車
(H30規制適合又はH21規制からNOx10%低減達成)
プラグインハイブリッド車
クリーンディーゼル車
(H30規制適合又はH21規制適合)
 非課税 
 非課税 
 
非課税  
 

 LPG車※
ハイブリッド車
ガソリン車

 R2年度基準+20%達成 
 R2年度基準+10%達成  1%
 R2年度基準達成  2% 1%  0.5% 
 H27年度基準+10%達成  3% 
 2% 
 1%
 上記以外 
 2%

    (注1)ガソリン車・ハイブリッド車・LPG車に適用する排ガス要件
            H30規制からNOx50%低減(★★★★)又はH17規制からNOx75%低減(★★★★)のものに限る。
    (注2)新車、中古車を問わず課税されますが、取得価額が50万円以下は非課税です。
    (注3)営業用の税率は当分の間、0.5%~1.0%減の税率となっています。
    (注4)令和元年10月1日~令和3年3月31日までの間に取得した自動車(軽自動車)税(環境性能割)
          の税率はそれぞれ1%軽減されます。

    (※)プラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車及びLPG車は登録車に限る。



   

関連リンク・申請様式

お問い合わせ先

総務課 0269-85-3111
税務係

ページの先頭へ

税金