1. ホーム >
  2. くらしの情報 >
  3. 税金 >
  4. 新型コロナウイルス感染症経済対策における税制上の特例措置       Infomation on the special tax system of a new coronavirus.

新型コロナウイルス感染症経済対策における税制上の特例措置       Infomation on the special tax system of a new coronavirus.

国税及び地方(県・村)税の納税を猶予します

  新型コロナウイルスの感染拡大防止措置により、令和2年2月1日以後において一定の期間(1月以上の任意の期間)の事業等の収入が、大幅に減少し、下記の要件に該当する場合、申請に基づき納税を猶予する特例措置が施行されます。(※令和2年度分を1年間猶予した場合、令和3年度分と合わせて納税していただくことにご留意ください。また、猶予期限までに納付していただかなければ滞納処分の対象となり、延滞金も加算されます。)

  上記の特例措置は、令和2年2月1日から令和3年2月1日までに納期限が到来する国税及び地方(県・村)税が対象です。

  There is a special taxpayment system for people whose income has dropped significantly due to the effects of
a new coronavirus (COVID-19) infection.

  Most national and local taxes a coverd. However, there are some exceptions.

  The main taxes covered are resident tax, fixed asset tax, autmobile tax, national health insurance tax,
and corporate tax.

対象要件

1.  事業等に係る収入が、令和2年2月以降の任意の期間(1カ月以上)において、前年同期比で20%以上減少し
  ていること

  (1)  If you income is less than 20%less than the income of the same period 2019 for more than one month from
     Februaly 2020 to the present or December 2020, the tax deferral exception will be applied. You can receive
     it.

2.  一時に納税を行うことが困難であること(向こう半年間の事業資金を考慮)

  (2)  Except for business funds up to 6 months ahead, there will be insufficient to pay taxes.

3.  令和2年2月1日以降納期限分から令和3年2月1日納期限分までをまとめての納税猶予申請はできません。
  (最大納期限未到来2か月分まで。)
  (例1)固定資産税    第1回  令和2年2月分、令和2年4月分(ただし、6月申請の場合は、7月分まで可能)
                             第2回以降  納期限未到来の期毎の申請
  (例2)住民税(普通徴収)    納期限未到来の期毎の申請
      ※いずれも納期限までに申請してください。



  ※1  事業等に係る収入とは、法人の収入(売上高)、個人の方の経常的な収入(事業の売上、給与収入、不動
      産賃料収入等)を指します。

    *1  Type of income, Corporate income, personal business income, salary income, real estate rental income.

  ※2  フリーランスの事業所得者、パート・アルバイト等のうち確定申告されている方も、要件を満たせば対象に
      なります。


申請手続き

1.  所定の申請書により、法令施行から2カ月以内(令和2年6月30日まで)、又は納税猶予を申請する税の納期限のいずれか遅い日までに申請してください。  

  (1)  Application due date, Februaly to June 2020 is June 30, 2020. Others are up to the respective tax due
     date.

2.  申請書に収入減少を比較する月の前年分と当年分の収入・支出額や申請時の現預金額の状況が分かる書
  類を添付してください。(収入・支出や現預金の状況が分かる書類とは、売上帳や現金出納帳、預金通帳
  の写しなどです。令和元年分は売上帳や現金出納帳の代わりに確定申告書、収支内訳書等があれば、その
  写しを添付してください。)

  (2)  Documents attached, Documents certifying income reduction, Documents that can confirm current assets.

3.  申請の代行を税理士に依頼することも可能です。

  (3)  It is also possible for a tax accountant to apply on your behalf.

  ※1  前年の月別収入が不明の場合は、年間収入を按分した額と比較します。

  ※2  事業開始後1年を経過していない場合は、令和2年1月までの任意の期間と比較します。

  ※3  申請様式は、下記、関連リンク・申請様式欄の「特例税制申請様式」からダウンロードしてください。
        また、役場総務課税務係窓口で入手してください。

    *3  Please download the application form from "Tokurei Zeisei Shinsei-Yohshiki" below.


令和3年度固定資産税の軽減措置について~About special exception of 2021 Fixed Assets Tax reduction~

   新型コロナウイルス感染拡大防止措置に伴い、大幅に収入が減少し、下記の要件を満たす中小事業者等※1に対して、令和3年度分に限り、償却資産及び事業用に供する家屋の固定資産税を軽減する特例措置が施行されます。

    If you are affected by a new coronavirus (COVID-19) infection and become in the following condition,
    the Fixed Assets Tax for 2021 will be reduced if the following requirements are met.

  軽減を希望される場合は、下記により期限までに申告してください。

    If you want to reduce the amount, please declare as follows.


対象要件    Target requirements

1.  令和2年2月~10月までのうち、任意の連続する3カ月間の売上高※2が前年の同期間と比べて30%以上減少
  していること

  (1) Business income for three consecutive months decreased by 30% or more compared to the same
     period of the previous year, from February to October 2020.

2.  令和3年1月4日から2月1日までの間に、認定経営革新等支援機構等※3の認定を受けて申告すること

  (2) Business income has decreased by 30% or more, and the area of the house used for business
     has been certified by the Mnagement innovation Support Organization*3.
     Deadline for filing.  February 1, 2021.

  ※1  「中小事業者等」とは、資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人、資本又は出資を有しない法人
      の場合、従業員の数が1,000人以下の法人、常時使用する従業員の数が1,000人以下の個人    

    *1  Corporations with capital or investment of 100 million yen or less.
        Corporations and sole proprietors with 1,000 or less employees.

  ※2  一般的な収益事業における売上高です。給付金や補助金収入、事業外収益は含みません。

  ※3  税務、財務等の専門知識を有し、一定の実務経験を持つ支援機関など(税理士、公認会計士、弁護士、
      商工会、農協など)    

    *3  Tax accountants, accountants, small and medium enterprise doctors, prefectural small
         and medium enterprise group central associations, business and industry associations,
          agricultural cooperatives, etc.

  ※4  住宅と併用している家屋は、事業用に使用している部分のみが対象となります。土地は対象となりませ
      ん。    

    *4  Fixed assets subject to reduction are business houses and depreciable assets.
         Houses that are used in combination with housing are only for the parts used for business.
         (Land is not included)

    *5  Only the Fixed Assets Tax in 2021 is subject to the reduction. 


軽減の区分  Classification of mitigation

1.  売上高が前年比、30%以上50%未満減少した場合  2分の1

2.  売上高が前年比、50%以上減少した場合  全額

  Business income compared to the previous year.

  (1) When if decreases by 30% or more and less than 50%. → 50% reduction in tax amount.

  (2) When the amount decreases by 50% or more. → Full amount of tax.


軽減措置の申告から適用までの流れ

◆  減免特例に関する申告書の様式が示されましたので、関連ファイルの申請様式に掲載しました。
◆  申請期間が短いため、認定経営革新等支援機構等の認定はできるだけ令和2年12月末までに受けてくだ
  さい。
    また、別ページ「新型コロナウイルス感染症特例税制  令和3年度固定資産税減免について」でも紹介して
  います。合わせてご確認ください。  

下記関連ファイルを参照してください。

* About filing procedure

    Please download and use the dedicated tax return form from this website.


生産革命の実現に向けた固定資産税の特例措置の拡充・延長

  生産性革命の実現に向けた償却資産に係る固定資産税の特例について、新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも新規に設備投資を行う中小事業者を支援するため、償却資産の適用対象を拡充するとともに、適用期限を2年延長します。


  現行の対象設備(機会及び装置、器具及び備品、工具、建物付属設備)に次の設備を追加します。

・  取得価額の合計額が300万円以上の先端設備等とともに導入された事業用家屋

・  旧モデル比で生産性が年1%以上向上する構築物

※  事業用家屋及び構築物は、中小事業者等の認定先端設備等導入計画に位置付けられたもの
※  令和2年度までから令和4年度までの2年間延長

関連リンク・申請様式

関連ファイル

お問い合わせ先

総務課 0269-85-3111
税務係

ページの先頭へ

税金