1. ホーム >
  2. くらしの情報 >
  3. 子育て・教育 >
  4. 児童手当

児童手当

お知らせ

1 制度の改正について

  •   平成24年4月から「子ども手当」が「児童手当」に変わりました。
  •   平成24年6月から「所得制限」が設けられました。

児童手当制度の概要

1 受給対象者

  野沢温泉村に住所を有し、中学校修了前の児童を養育している方
  (父母等のうち、児童を扶養している、生計の主宰者である方)

2 対象となる児童

  日本国内に住所を有する中学校修了前(15歳に到達してから最初の3月31日まで)の児童

3 支給額

  対象となる児童1人につき、次の表の金額が支給されます。
 年齢区分  子の順  手当月額
 0~3歳未満  -  15,000円
 3歳~小学校修了前  第1子、第2子  10,000円
 第3子以降  15,000円
 中学生  -  10,000円
 特例給付  -  5,000円
  •   子の順は、0歳から18歳に到達してから最初の3月31日までの児童を、年齢の高い順に数えます。
  • 特例給付とは、受給者の所得が限度額以上である場合に支給されます。

4 支払月

  支払日は、各支払月の15日前後です。
 支払月  支給対象月
 6月    2、3、4、5月分
 10月    6、7、8、9月分
 2月    10、11、12、1月分

5 所得制限限度額

 扶養親族等の数  所得額  収入額
 0人  6,220,000円  8,333,000円
 1人  6,600,000円  8,756,000円
 2人  6,980,000円  9,178,000円
 3人  7,360,000円  9,600,000円
 4人  7,740,000円  10,021,000円
 5人  8,120,000円  10,421,000円

6 現況届

  毎年6月に、世帯の状況を把握するため、現況届の提出があります。
  現況届の提出がないと、6月以降の手当が支給されない場合があります。

認定請求(申請)・届出について

  児童手当を受給するためには、認定請求(申請)が必要です。また、請求者(申請者)や児童の状況に変更が発生した場合は、届出が必要です。

1 出生または転入された場合

  出生または転入に関する届け出を行った後に、所定の様式により認定請求(申請)の手続きを行ってください。

[必要なもの]
  •   請求者本人の健康保険証
  •   請求者本人の預金通帳(児童手当の振込先)
  •   印鑑
  •   所得、扶養証明等(転入する前の住所地の市区町村において発行)

2 転出される場合

  転出に関する届け出を行った後に、所定の様式により届出の手続きを行ってください。

[必要なもの]
  •   印鑑

3 記載内容に変更が発生した場合

  当初の記載内容(住所・金融機関)に変更が発生した場合は、所定の様式により届出の手続きを行ってください。
    [必要なもの]
    • 印鑑
    • 変更後の預金通帳

    関連リンク・申請様式

    お問い合わせ先

    教育委員会 0269-85-3115
    こども支援係

    ページの先頭へ