1. ホーム >
  2. くらしの情報 >
  3. 健康・福祉 >
  4. 国民年金制度

国民年金制度

日本に居住する、20歳から60歳になるまでの人は、全て国民年金に加入することになっており、勤めていて厚生年金、共済年金に加入している方は、国民年金第2号被保険者として、厚生年金、共済年金に加入している方に扶養されている配偶者は、国民年金第3号被保険者として、それ以外の方は国民年金第1号被保険者としてそれぞれ国民年金に加入していただいています。
社会保障制度としての公的年金は、国民年金が基礎年金の土台を形成し、その上に厚生年金、共済年金が上乗せされる形で制度化されております。
国民年金は、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の給付を基本とした国民の生活を保証するもので、給付される年金は、全ての年金加入者の保険料と国庫金で賄われることになっており、若年層の保険料で高齢者の年金を賄う世代間扶助の考え方にたって制度化されております。
年金額は、物価に応じて変動する「物価スライド制」をとっており、年金の価値が下落しないよう考えられています。
また、5年に1回は収支の財政再計算を行い、必要な制度改正を行っています。

   

関連リンク・申請様式

お問い合わせ先

民生課 0269-85-3112
住民係

ページの先頭へ