1. ホーム >
  2. くらしの情報 >
  3. 税金 >
  4. 滞納処分について

滞納処分について

  納期限が過ぎた村税等徴収金を滞納といいます。
  滞納されると、督促状や催告書が送付されるほか余分な督促手数料や延滞金が加算されることになります。
  督促状は10日以内に納めなければ、「差押します」という通知(予告状)です。

  督促や催告によっても納付されなかったり、納付の約束をしても履行されない場合には、財産の調査(強制調査)を行い、換価できる財産があれば差押を行います。
  その差押財産を換価処分した後に村税等へ充たさせていただくことで滞納整理が進められます。

滞納整理の流れ

 

督促状は紫色の封筒で届きます

  納期限から20日以内に督促状を発送することになっており、発送となった場合には督促手数料として100円を納めていただくことになります。

  また、税の公平性の観点から納期限を過ぎた村税には本来の税額のほかに延滞金を納めていただくことになります。(※延滞金は納期限の翌日から一ヶ月を経過する日までは年7.3%または当該する期間のうち平成12年1月1日以降の期間については、特例基準割合に年1%を加算した割合で計算します。それ以後から納付した日までの期間については、年14.6%または特例基準割合に年7.3%を加算した割合で計算します。)

※特例基準割合=各年の前々年10月から前年9月までにおける国内銀行の新規の短期貸出約定平均金利の平均の割合に年1%を加算した割合です。

お問い合わせ先

総務課 0269-85-3111
税務係

ページの先頭へ