1. ホーム >
  2. 野沢温泉村から皆様へ >
  3. ツキノワグマによる被害対策について

ツキノワグマによる被害対策について

ツキノワグマによる農作物被害を防ぐために

  野生動物にとって夏は餌となる食べ物が不足する季節です。
  クマにとっても山のエサが不足する季節なので、里に降りてきて農作物等の被害を引き起こすことが多くなります。

◎里に呼び寄せないことが大切です!

  クマはトウモロコシが大好物です。トウモロコシに誘われて出没しやすくなります。
  トウモロコシに誘われて出てきたクマが他の作物を荒らしてしまうこともあります。
  山際の畑の隅に放置された生ゴミや収穫残さもクマを呼び寄せてしまいます。呼び寄せられたクマは近くの畑を荒らすことになってしまいます。
  生ゴミに餌付いたクマは人を怖がらなくなってしまい、人身事故の原因になってしまったりします。生ゴミ等はしっかり片付けましょう。
  被害を受けてしまうことそのものも、クマを呼び寄せてしまう原因になります。被害を出さないように早めの対策をとりましょう。

◎人身事故にも気を付けてください!

  
この時期は、人身事故も多くなります。
  クマの出没するような場所では、人間の存在を知らせるため、鈴を鳴らしたり、ラジオをつけて行動しましょう。
  特に、明け方や夕暮れ時はクマの活動が活発になるので、特に注意が必要です。

野生鳥獣による農作物被害対策のアイディアを募集します!

  近年、ツキノワグマやイノシシ等の大型獣やハクビシン等の小型獣による農作物被害が多発しています。
  村では、電気柵の購入支援や被害が発生した際の猟友会による駆除活動などを実施していますが、野生鳥獣による被害件数は増加傾向にあります。
  そこで、地域で一体となった被害防除を進めていくため、村民の皆様のお知恵をいただき、村全体で共有させていただくことで、被害の減少につなげていきたいと考えています。
  提供方法は、添付のファイルにより役場農林係へご提供いただくか、村ホームページの「観光産業課へのお問い合わせ」を利用していただいても差し支えありません。
  皆様のアイディアを、村全体の鳥獣被害対策に役立てさせてください!
  野生鳥獣被害を防止し、安心して農業ができる村を目指すため、村民の皆様のご協力をお願いします。




 

関連ファイル

お問い合わせ先

観光産業課 0269-85-3114
農林係

ページの先頭へ

野沢温泉村から皆様へ